株式会社ノースサイド

ケイ素とは

地球の主要な構成元素の1つで元素記号はSi。常温・常圧で結晶構造はダイアモンド構造。
ケイ素を結晶化することは、比較的容易にできますが、高純度で透過性に優れたケイ素被膜を形成することは非常に困難とされています。


シロキサンとはなにか?

シロキサン結合シロキサンとは、ケイ素(Si)と酸素(O)が交互に結合してポリマーが形成された状態のことをいい、シロキサン結合と呼ばれるシリコンの主となっています。炭素結合(C-C)の結合エネルギーが356KJ/molであるのに対し、シロキサン結合(Si-O)は444KJ/molと大きく、非常に安定しているのが特徴です。
シロキサン結合は結合角が広く、螺旋構造をしており、これらの分子構造がシリコンの特徴を生みだます。
シロキサンの特徴として耐熱性や耐候性、化学的安定性などに優れ、さらに有機基(主にメチル基CH3)を持つことから撥水性や離型性といった独特の界面特性をそなえています。
シロキサンを独自の技術により被膜化させたのが「スーパーガラスコーティング」です。


疎水性について

疎水性とは読んで字のごとく疎水する性質である事なので撥水と同じような意味合いです。ただし普通の撥水とは異なり水を弾くという感じではありません。ボディから水を排水するような撥水状態の事を言います。
この事から疎水性は排水性とも呼ばれることがあり、撥水性能で表すと弱撥水にあたります。
疎水性=弱撥水性とも呼ぶ。
【疎水性の長所】
疎水性コーティングの特徴は、撥水の中でも水滴接触角が少なく大きな水玉になりボディから固まりになって流れ落ちる為に、イオンデジポットやウォータースポットになりにくい。
【疎水性の短所】
際立った水玉にならないので、コーティングされているのがわかりづらい。
親水疎水撥水


コーティング被膜について

光を物体に照射した場合、透過・吸収・反射が起こります。
コーティング被膜は透明である点と、被膜が非常に薄い点から、コーティング被膜自体に光の吸収はほとんど発生していません。また、コーティング被膜は、主たる骨格がシロキサン結合からなり、これは板ガラスなどと同一の骨格であることから、光の透過率は板ガラス等に類似しています。
以上のことにより、コーティング被膜に対する光の反射は、特に問題になるレベルではないと言えます。


無機について

無機とは、無機化合物の略称で、炭素化合物(=有機化合物)以外の総称です。
無機コーティングとは、ケイ素を多く含有するコーティングを一般に指します。
ケイ素は、地球の表層を構成する主要元素で、酸素と結合してケイ石として存在し、石やガラスの主成分になります。
【無機の長所】
3次元網目構造で緻密な膜を構成し、高耐候性や低汚染性、不燃性等などの特徴があります。
【無機の短所】
原子間の結合距離が短いため脆く、イオン結合を含むためアルカリに弱い。

スーパーガラスコーティングは、独自の技術により無機の短所を克服し、 従来に無い次世代のコーティング剤として製品化しております。

エコ&safety

製品情報

スーパーガラスコーティング

スーパー ガラスコーティング

無機ケイ素100%のボディガラスコーティング

洗車美人

洗車美人

スーパーガラス専用メンテナンスシャンプー。雨染み対策に!

パーファクトシステム

パーファクトシステム

水アカも付かない

W-ウォータ

W-ウォーター

カンタン!洗車するだけで本格コーティング

SGC液晶用

SGC液晶用

液晶画面の汚れがキレイにとれます。

セフィー

セフィー
ジュエリーコート液

金属アレルギー防止に、

↑ PAGE TOP